診療所向け薬袋発行システム

診療所向け薬袋発行システム 「薬丸くん」

 

中島紙工では、メディコムの診療所向けレセコンや電子カルテと接続可能な薬袋発行システム「薬丸くん」を販売しています。
診療所向け薬袋発行システム「薬丸くん」は市販のプリンターを使用し、患者さまのお名前や服用方法等を薬袋にプリントするシステムです。
中島紙工では、薬袋発行プリンターの設置からソフトのインストール、使用方法の指導まで承ります。 診療所向け薬袋発行システム「薬丸くん」のことなら中島紙工にご相談ください。

薬袋発行システム「薬丸くん」の特長

  • リコーやエプソン、キャノン等の市販のプリンターを使用するため、導入費用が抑えられます。
  • 「内服薬」「外用薬」等の薬袋種別は印字するので、「内服薬」「外用薬」それぞれ専用の薬袋を用意する必要がなく、ランニングコストが抑えられます。
  • 使用できる薬袋のサイズは、B6、A5、B5、A4です。

薬袋発行システム「薬丸くん」のシステム構成

レセコンと薬袋発行システムの組み合わせの場合

レセコンの場合のシステム構成になります。
薬袋の発行操作はレセコンでおこないます。ゲートウェイの操作は必要ありません。
ゲートウェイは、レセコンとプリンター制御、薬品、用法のマスタ管理等をおこないます。

レセコンとゲートウェイをLANで接続、ゲートウェイとプリンターをUSBで接続。

接続可能レセコン

  • Medicom MC/XⅢ、MC/XN

カルテ医事システムと薬袋発行システムの組み合わせの場合

カルテ医事システムの場合のシステム構成になります。
薬袋の発行操作はカルテ医事システムでおこないます。

電子カルテMedicom HRと薬袋発行システムをUSBもしくはLANで接続している画像。

接続可能電子カルテ

  • Medicom-HR、HRⅡ、HRⅢ
  • Medicom-HRi、HRiⅡ、HRiⅢ

電子カルテと薬袋発行システムの組み合わせの場合

電子カルテの場合のシステム構成になります。Medicom-HRは上記を参照ください。
薬袋発行操作は電子カルテでおこないます。

電子カルテと薬袋発行システムの接続イメージ

接続可能電子カルテ

  • Medicom DP/X、DP/XⅡ、DP/XⅢ

薬袋発行システム「薬丸くん」の商品構成

  • 薬袋発行プログラム
  • ゲートウェイ(電子カルテシステム Medicom-HR、DP/Xの場合は含まれません)
  • 導入セットアップおよび操作指導

*市販プリンター、LANケーブル、HUBなどのネットワーク機器は含まれておりません。